ルイヴィトン買取おすすめ|エピ,ダミエ,モノグラム 新作や限定バッグ長財布の高価買取ランキング

MENU

ルイヴィトン偽物の見分け方

安心と信頼のKOMEHYO(コメ兵)が高く売れる!!

 

 KOMEHYO(コメ兵)

 

ルイヴィトンを売りたいなら、まずはココ!創業70周年のコメ兵は安心と信頼の実績があります。

 

ブランドバッグや財布、洋服、宝石、時計、着物など幅広く高価買取可能です。

 

対応も早く丁寧なので初めての方でも安心で、LINE査定もあるので気になる相場を聞いてみてね!

 

KOMEHYO(コメ兵)の詳細はこちら>>

 


 

 

 ルイヴィトンを中心に有名なブランド物はコピー商品もたくさん出回っております。

 

ここ最近のブランド品は非常jに巧妙に作られておりますので、素人ではなかなか判断は難しくなってきております。

 

 

 基本的に偽物を謝って買わないためには、国内の正規販売店でご購入しましょう。

 

ネット通販や海外の格安店で購入する場合は、真贋の判断が付かないことも覚悟しておくべきです。

 

騙されたくない方は安心、信頼のあるお店で購入することをおすすめします。

 

また、買取ショップでは査定のプロが判断してもらうことが出来ますので、ある程度高額の価格になれば本物と判断して良いでしょう。

 

しかし、偽物の買取は出来ませんので、万が一偽物の場合はご返却か処分となる場合があります。

 

 

 ここでは簡単に真贋の見分け方をご紹介しておりますが、商品によってご自信では判別が付かない場合もありますので、質屋や買取ショップに出してみると良いでしょう

 

 

製造番号(シリアルナンバー)

 

 「◯●◯●」という4桁の数字の場合、◯◯製造月、●●製造年となります。

 

07年より◯ ◯の月の意味が、何週目に変更されております。

 

「DK1059」の場合、09年の15週目製造となります。

 

15週目は1月かた考えると4月以降に作られたと考えられます。

 

1年は52週ありますので、計算してみるとある程度何月に作られたのかがわかります。

 

 

刻印の状態

 

 刻印を見ればある程度わかりますが、状態の悪くなったものや薄くなったものを刻印で判断するのは難しくなってきます。

 

刻印の文字色は「金文字」「銀文字」「赤文字」「黒文字」「型押し」だけのものもあります。

 

文字色が雑だったり、文字が潰れているものは完全に偽物と言えるでしょう。

 

バッグや素材によって見えにくいものもありますし、1990年以前のものは刻印の位置もバラバラだったりしますので一概には言えません。

 

刻印の場所や状態では、判断しにくい部分もありますので、その他の部分で判断することをおすすめします。

 

 

素材

 

 素材は定番のラインになるとPVC素材という、キャンバス生地に塩化ビニールを加工したものになります。

 

実際に触ってみればある程度慣れたかたなら違いはわかると思いますが、ネットや通販では分かりにくものです。

 

財布の場合、カード入れの内側やポケット内には、本物は革張りですが、偽物はナイロンや薄いゴムのような合皮のような素材が多いのです。

 

使っていくうちに破れてくる可能性があります。

 

 そして、軽く揉み解すようにしてみると「メシメシ・・・」と安っぽい音がします。

 

偽物の場合は全体的に素材が硬く、馴染みにくいのも特徴です。

 

特にエピやヴェルニには多く見られますが、折り曲げ部分が雑に作られており、シワが多いのも特徴です。

 

 

ルイヴィトン買取ランキングはこちら