ルイヴィトン買取おすすめ|エピ,ダミエ,モノグラム 新作や限定バッグ長財布の高価買取ランキング

MENU

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)の人気モデル「ダミエ」とは?

ブランド品高額買取のウットク

 

 LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)の代表的な人気モデルの「ダミエ」は、モノグラムと並ぶルイヴィトンの2大看板と言える存在です。

 

ダミエは、販売当初から現在に至るまで、世界中の多くの人々から愛され続けています。

 

 こちらでは、ルイヴィトンのダミエについて、色々な情報をご提供していきたいと思います。

 

ダミエを愛用している方も、まだ持っていないという方も、ダミエについての情報を知っていただくと、ますますダミエの素晴らしさを感じていただけることでしょう。

 

 

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)の「ダミエ」の歴史

 

 LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)のダミエが誕生したのは、モノグラムの誕生よりも前の1888年のことです。

 

創業者ルイ・ヴィトンの息子であり、2代目のジョルジュによって考案されました。

 

ダミエは、販売当初から大人気となったため、人気と共にダミエの偽物が横行するようになりました。

 

そのため、1896年から100年もの間、ダミエの販売をストップした時期があります。

 

ですが、1996年にダミエが限定で復刻。

 

その2年後にダミエが定番化することになり、世界中で再び人気を集めました。

 

 ちなみに、「ダミエ」は茶系の市松模様が特徴的ですが、白とブルーグレーの市松模様の「ダミエアズール」、黒とグレーの市松模様の「ダミエグラフィット」も展開され、ダミエ3大モデルとして人気を博しています。

 

ダミエアズールは2006年に誕生しており、ダミエグラフィットは、2008年に誕生しています。

 

 

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)の「ダミエ」の特徴

 

 LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)のダミエは、茶系で濃淡をつけた市松模様が特徴的です。

 

市松模様のデザインのインスピレーション源となったのは、フランス・パリで行われた万国博覧会で紹介された日本の文化です。

 

万国博覧会をきっかけにパリで日本ブームが巻き起ったことで、ダミエのデザインにも日本の市松模様が採用されたと言われています。

 

 ダミエの人気により、新しいダミエラインとして加えられたのが、ダミエアズールとダミエグラフィット。

 

白とブルーグレーの明るいカラーコントラストが印象的なダミエアズールは、クラシックなダミエのイメージを一新します。

 

その華やかさから、比較的女性に人気が高いです。

 

一方で、黒とグレーのダークカラーのコントラストがシックな印象のダミエグラフィットは、クールなイメージがあり、男性に人気が高いです。

 

 ご紹介したダミエの3大人気モデルの他にも、「ダミエアンフィニ」、「ダミエジュアン」、「ダミエソバージュ」、「ダミエグラセ」、「ダミエヴェルニ」などと、ダミエに関連する人気モデルは色々とあります。

 

 

ルイヴィトン買取ランキングはこちら>>

 

ルイヴィトン買取ランキングはこちら