ルイヴィトン買取おすすめ|エピ,ダミエ,モノグラム 新作や限定バッグ長財布の高価買取ランキング

MENU

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)の「モノグラム」の真贋の見分け方

安心と信頼のKOMEHYO(コメ兵)が高く売れる!!

 

 KOMEHYO(コメ兵)

 

ルイヴィトンを売りたいなら、まずはココ!創業70周年のコメ兵は安心と信頼の実績があります。

 

ブランドバッグや財布、洋服、宝石、時計、着物など幅広く高価買取可能です。

 

対応も早く丁寧なので初めての方でも安心で、LINE査定もあるので気になる相場を聞いてみてね!

 

KOMEHYO(コメ兵)の詳細はこちら>>

 


 

ブランド品高額買取のウットク

 

 人気ブランドに偽物問題の悩みはつきものと言っても仕方がないかもしれません。

 

特に、ルイヴィトンは日本でもトップクラスの人気ブランド。

 

さらにはヴィトンの中でも人気の高い「モノグラム」は、誰もが憧れを抱いているモデルと言っても過言ではありません。

 

 今では、スーパーコピー品と言われるほど、偽物と本物との区別がつきにくい偽物・コピー商品も出てきています。

 

 そこで、ルイヴィトンのモノグラムの購入を検討している方のために、ルイヴィトンのモノグラムの真贋の見分け方のコツをご紹介いたします。
参考になさってみてください。

 

 

LVマークをチェック!

 

 ルイヴィトンのモノグラムと言えば、LVのパターンです。

 

本物は、このマークが絶対に途切れないように裁断されています。

 

つまり、マークが途切れていれば、偽物ということになります。

 

ただし、例外として、1枚生地で作られた小物入れなどは、サイズによってマークが仕方なくカットされているものもあります。

 

ただ、これは結構有名な見分け方で、偽物でもLVマークが途切れないように意識している商品はたくさんありますので、これだけで判断するのは要注意です。

 

ファスナーの金具をチェック!

 

 ヴィトンのファスナーをチェックしていただくと、本物はLVマークが入っています。

 

もちろん、YKKファスナーであった場合は論外です。

 

偽物でもLVマークが再現されているものはありますが、つやがなかったりメッキがはがれているファスナー金具の場合は偽物の可能性があります。

 

 

仕上げの丁寧さをチェック!

 

 偽物は、とにかく仕上げが雑なことが多いです。

 

細かい部分のチェックになりますので、なかなか素人では判別がつきにくいのですが、よく見ていただくとわかります。

 

一番雑な部分が出るのが、縫製です。

 

 例えば、内側(下糸)の色をチェックしてみてください。

 

内側の下糸が、モノグラムのダークブラウンの色と全く違う色になっていることがあります。

 

これは明らかに偽物です。

 

 あとは、縫い終わりの仕上げが雑になっていたり、ファスナーの最後の部分の仕上げが汚いということもあります。

 

ポイントは、裏側をチェックすることですね。

 

偽物の場合は、表面は綺麗なのに裏側が汚い、ということがよくあります。

 

 あとは、シリアルナンバーをチェックするということも、ルイヴィトンのモノグラムの有名な真贋の見分け方です。

 

ルイヴィトンのモノグラムは、あまりにも人気が高いので、偽物問題が絶えません。

 

細かい部分までチェックしていただいて、偽物に騙されないように気を付けましょうね。

 

 

ルイヴィトン買取ランキングはこちら>>